ホワイトニングについて

ブラッシングするだけで真っ白に!!
アクアプロ・トゥースホワイト 20ml (口腔化粧品、歯みが...

美しい歯に対する社会的ニーズが高まり、歯のホワイトニングへの関心が高まっています。
アメリカでは10年前から一般的なホワイトニングが、ホームホワイトニング剤の認可をきっかけに、ようやく日本でも注目されるようになりました。
歯へのダメージが少なく、安全で料金も比較的安いホワイトニングは、歯を白くする為の理想的な治療方法と言われています。

歯が変色する原因

黄ばみやくすみなど、歯の変色する原因は、歯の表面からおこる外因性のものと歯の内部からおこる内因性のものがあります。
外因性の変色はカレー、ケチャップ、お茶類、果汁などの色素の強い飲食物やタバコのヤニなどが歯の表面に着色したり、歯の内部にしみ込むことによって起こります。
また、虫歯や銀の詰めものが原因で黒っぽく変色したり、歯のみがき過ぎやお酢などの酸性のものがエナメル質を溶かしてしまうことにより、エナメル質が薄くなって象牙質の色が強くでてしまう場合もあります。
歯の表面のみの着色の場合は、歯科医院でのクリーニングでもとの白さに戻りますが、歯の内部までしみ込んだ着色はホワイトニングが必要になります。
また、加齢に伴い歯のエナメル質が薄くなることで、象牙質の色が強く浮き出てきたり、象牙質自体の色が濃くなることが原因で歯が黄色く変色してしまいます。

ホワイトニングを成功させるために

ホワイトニングの施術自体はとてもシンプルなもので、歯科治療に比べると、医師の腕前の差はあまりないと言われています。
ならばどこで受けてもホワイトニングは同じかというと決してそんなことはないようです。
つまり、歯はひとりひとり違う上に、望む結果も異なります。 十分に患者の希望、現状を理解した上で、最適な結果を出すように施術してくれる豊富な経験のある歯科医師を探すことが、あなたのホワイトニングを成功させる大きなポイントとなるでしょう。
前述した医師選びのポイントも踏まえ、可能ならば、実際にホワイトニングを受けた方の声を聞けるといいですね。
その人が何に満足しているのか、満足していないのか、個人差がありますが、具体的な情報は他の歯科を判断する時の貴重な材料になるはずです。
また技量だけでなく、コミュニケーションをとりやすい医師であるかどうかも大切かもしれません。カウンセリングの際にあなたが「ここがいいな」と感じることも判断材料になるでしょう。
いずれにしても、情報を集めた上で、自分の希望も明確にしながら、実際に歯科へ足を運んでみてはいかがでしょう。

クリスタルホワイトニング

歯の表面にホワイトニングペースト(主成分は過酸化水素)を塗り、LEDと呼ばれる光の波長だけでホワイトニングペーストの浸透を高めます。これによりホワイトニングペーストが化学反応をおこし、歯の表面が白く変化します。これは新しく開発された歯のホワイトニング法で、痛みをほとんど感じることなく歯を白くすることが可能です。

スーパーブリーチング

「黄色っぽい歯」「生まれつき歯の色が悪い」「虫歯の治療で黒くなってしまった」といったお悩みを抱えた方はたくさんいらっしゃいます。スーパーブリーチング法なら4〜5回の治療で理想の白い歯にすることができます。
スーパーブリーチング法は、歯の裏側から極微小の穴を開け、そこに医療用漂白剤を詰め、歯の内部より徐々に白くしていくホワイトニング治療です。通院回数によって希望の白さを調節することが可能です。歯が抗生物質などの薬の影響で変色してしまったというような方にも効果的です。長い効果が期待できる方法ですので安心です。

スポンサードリンク

憧れの白い歯に

歯は、顔の中でも大きく印象を左右する部分です。白く輝く歯は、素顔の魅力を引き立たせ、清潔感を与えます。
黄ばんだ歯では、顔全体が、くすんだ印象に。自分に合った方法で歯を白くして、気持ちも笑顔も、明るく輝かせましょう。